前へ
次へ

離婚弁護士に離婚裁判をお願いすること

離婚裁判というのは必ず起きるわけではなくもめた場合に起きるというようなことになりますので、話し合いで決められるのであれば問題なく離婚の時には特に裁判だって起きることなく終わります。ですが慰謝料の問題とか財産分与、子供の親権などに関してもめた場合などには最終的に裁判にかけなければならないということもあったりします。裁判ですから基本的には弁護士を雇ってということになります。離婚弁護士というのは、特に弁護士協会で決まっているというわけではないのですが要するに離婚に強い弁護士、ということになります。弁護士もそれぞれ得意分野というのがあったりするのでそれに合わせて自分が依頼するということを決める必要性があるわけです。費用に関しては事前にしっかりとわかるようになっています。慰謝料などが発生するタイプの離婚裁判ですとその慰謝料の出来高、ということで契約をすることもあるでしょう。割とそのあたりは弁護士によって違います。

Page Top