前へ
次へ

離婚裁判に行きつくまでの過程

離婚裁判するまでの流れは夫婦の話し合いの協議離婚で、解決しなかった場合は離婚調停の場で話し合います。その離婚調停で決着がつかない場合離婚裁判を行います。この裁判の特徴は裁判内容を第三者に公開されることです。また訴えを起こした方を原告と呼び、訴えられた方は被告と呼びます。そしてこの裁判の決まりは離婚調停を外していきなり行うことはできません。この裁判までの流れは調停前置主義と呼ばれていて、家事事件手続法第257条に規定されています。離婚裁判で争われる内容は離婚自体の訴え以外に、金銭問題としての慰謝料の請求や財産分与などです。他にも親権者の決定や養育費の請求も同時に争われます。また法廷離婚原因は協議離婚と調停離婚では特に問われることはありません。離婚裁判の場合は民法が定める法廷離婚原因が必要になります。そして不法行為をした側の有責配偶者は原則として離婚請求はできません。法的離婚原因とは配偶者以外と性的な関係を持つことや、同居や夫婦生活の拒否他にも配偶者が3年以上の生死不明なことなどです。

Page Top