前へ
次へ

離婚裁判で理解しておきたい事は一体何か

夫婦仲が悪く、離婚に発展してしまった場合には裁判になることがあります。夫婦関係の状態では、財産の共有や2人の間に子供がいることも多いですが、別れるとなれば親権や財産分与の問題をどのように処理するかが問題になります。これらの問題を、当事者だけで解決できない場合には第三者がその間に入り問題の解決を図ることになります。その第三者は、基本的に弁護士が担うことになるでしょう。弁護士は、その道の専門家になりますので離婚裁判に強い人がいれば安心して任せることが可能になります。ただ、離婚裁判になればそこまで多くありません。何故かと言えば、多くの場合調停等で終わらすことができるからです。調停とは、裁判所と弁護士を交えた話し合いです。2人の間で弁護士が間に入り話し合いをするといっても相手方の弁護士を立ててくる可能性があります。この場合には、調停になり大抵そこで解決することになりますので、裁判の前に終わってしまいます。

Page Top