前へ
次へ

離婚裁判の流れとはどのようなものか

夫婦が離婚に発展するときは、当事者のみの話し合いだけで問題が解決できることがほとんどです。ですが、結婚していると子供の問題や残った財産の問題などをどのようにするかで揉めることもあります。この場合には、第三者を間に入れて問題を解決するしかありません。第三者とは、主に弁護士のことをいいます。弁護士を利用して、問題を解決すれば、決着がついたときそれを無視返すことができないでしょう。一般的には、間に弁護士が入り話し合いで決めていきますが、それでも決められないときには裁判所を利用して調停になります。裁判所を利用することで、お互いの話し合いの内容が公式に記録されることになるでしょう。実は、多くの場合ここで決着がつきます。裁判所を交えれば、大抵の場合それなりに納得した結果が得られるわけです。ですが中には、それでも納得できない人がおりそのような場合には離婚裁判に持ち込まれることになります。離婚裁判をすれば、その分お金がかかりますので費用の面でも覚悟しておかなければいけません。

Page Top