前へ
次へ

不貞行為が理由なら離婚裁判ができる

婚姻関係が成立しているなら互いに貞操を守る義務があり、他の異性とのコミュニケーションに関しては注意が必要でしょう。仕事であったりプライベートにおいて男女がコミュニケーションをすることはあるでしょうが、それ自体を禁じるわけではありません。しかし一線を越えたコミュニケーションをしてしまうと、それが不貞行為となり貞操を守る義務を違反したことになります。それ自体法律違反になるわけではないですが、それを理由に離婚をしたいと考える人はいます。離婚裁判によって離婚をしようとするときは一定の理由が必要になります。つまり性格の不一致があるだけで離婚をしようとしても離婚裁判をすることはできず、裁判所に申し出ても却下されてしまうでしょう。しっかり話し合って決めるよう促されます。一方不貞行為が原因で離婚をしたいときには裁判をすることができます。財産分与のほかに慰謝料の支払いが発生する可能性があり、話し合いだけでは折り合いがつかないなら裁判をした方がいいでしょう。

Page Top